あやりんのごはんとのほほん日記(まとめて一括表示 / 1ページ目) - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

3週間前に更新 / 77件
あやりんのごはんとのほほん日記

「あやりんのごはんとのほほん日記」のカバー画像

年齢 / 性別

39歳 / 女性

闘病期間

0歳~

病名

マルファン症候群

ブログの説明

初めまして。
2013年に女の子を出産しましたアラフォー主婦(2016年現在)です。
甘えん坊猫と旦那と8年目に授かった我が娘との日々をのほほんと綴りたいとおもいます。

ごはん記録で始めたブログですが、育児、家族、病気のこと、色々書いてます(^-^)v
どうぞよろしくお願いします!

ブログのURL

http://ameblo.jp/sa731ay

サービスの貢献性を早急に高めるため、リンクポリシーなどで禁止されていないことを確認した上で、リンクさせていただいている場合がございます。 万が一、問題がございましたら「tobyo-log@digital-seed.co.jp」まで、ご連絡くださいませ。 早急に対応させていただきます。

77件中、1件目 ~ 10件目 を表示
123458

病院を選ぶ時に重視すること

先日、母が無事に大学病院から転院しました。

救急車でドクターも同乗しての搬送でした。

無事に転院してから10日以上経ちました。

転院先を選択するとき、何を重視しますか。

母は、人工呼吸器での受け入れが出来る病院という条件があったので、距離的なことも考慮すると選択の余地も2~3箇所しかありませんでした。


今回転院出来た病院は、患者、家族をとても大切にしてくれる印象です。
もちろん、働く人一人ひとり個性もありますからケアの内容、質も違うところも感じます。

それでも、病院の理念がしっかりしていて、それが全職員に周知徹底されているところが転院先にしたいと思える一番の理由でした。

これから長く療養する時、
高い技術よりも大切なものがある気がします。

転院先には、ナラティブノートというものがたりちょうがあります。

患者さん一人ひとりに用意されていて、
スタッフや家族達が日々の出来事について綴っていって完成する物語帳です。

こういう取り組みをしようと言う発想が素敵だなと思います。


状態の安定しない母だけど、
この落ち着いた空気の病院に馴染んで
少しでも穏やかに暮らしてもらえたら、と思います。


「病院を選ぶ時に重視すること 」の添付画像(1) 引用元のURL: https://ameblo.jp/sa731ay/entry-12323248258.html

+ 続きを読む

意識障害のばーちゃん、転院する。

60代半ばの母の件。

三次救急の大学病院に入院、
心臓血管外科で大動脈瘤の5回目の手術を受けて、低酸素脳症となった母は幾度も生死をさまよいました。


先日、半年近くの入院を経て、障害者病床をもつ県内の病院へ無事に転院してきました.+*:゚+。.☆


治療メインの大学病院に比べて、
careの側面では何倍も転院先の病院の方が優れていると、僅か転院1日でも実感しています。

重度の後遺症を抱えた母だけど、
その状況でも、母も、家族も、
より気持ちよく過ごすことが出来たり、面会に行くことの出来る環境が整っている、
そう思える病院です。

今日は娘の受診帰りに、初めて転院先のばーちゃんに面会に行ってきました。
わずかばかりですが、母の表情が柔らかく感じました。

接遇も行き届いている病院なので、
これから気持ちよく面会に行くことが出来そうです✧*。٩(´ヮ`*)و✧*。


ばーちゃん、がんばってね! 引用元のURL: https://ameblo.jp/sa731ay/entry-12320347535.html

+ 続きを読む

硬膜拡張からの髄膜瘤~卵の殻一枚の脊椎~

35歳で第一子を出産後、
歩けないほどの腰部の激痛に襲われたのは
今から4年ほど前。
 
 
CTの所見で、“髄膜瘤”と診断されました。
 
 
 
14歳の時に脊柱側弯症の手術を受けた時には、
“硬膜拡張”と指摘されていました。
 
 
 
主治医曰く、
 
 
「硬膜が伸びきっているね。」
 
               ・・・(苦笑)
 
 
 
まだ中学2年生だった私でも鮮明に覚えています。
 
 
 
 
あれから20年。 (いや、もうちょっと経っている。)
 
 
 
髄膜瘤が、脊椎を侵食して、
仙骨が卵の殻のように薄っぺらくなっているというではありませんか!
 
 
 
 
図にしてみました。

 「硬膜拡張からの髄膜瘤~卵の殻一枚の脊椎~ 」の添付画像(1)
 
 
 
 
 
 
 
 
ぺらっぺら!!
 
 
 
出産後、現在は痛みは消えて通常通り歩けるようになりましたが、
尻もちをつかないよう、注意されています。
 
 
尻もち程度で骨折する状態とのころです。
 
 
 
某大学病院の側弯症外来の医師の話では、
髄膜瘤のケースを5名診ているというお話でした。
 
 
みなさん、共通して、姿勢の変化による頭痛を訴えられているようです。
 
 
私の場合、長時間座っている姿勢から立ち上がった時に、
脳天が
 
 
ずぉーーーん
ずぉーーーん
 
と、響く痛みを伴います。
 
 
これは、髄膜のコブにたまっていた髄液が姿勢を変えたことによって
圧が変動することによるものだろうと主治医の先生は言っていました。
 
 
 
Google検索すると、脊髄液減少症とか、脊髄液漏洩など検索されて、
毎日のように頭痛に悩まされている症状と合致すところもあるのですが、どこで診てもらったらよいのやら。
 
もし診断がついても、対症療法しかないのかな?
 
とにもかくにも、薄っぺらくなっている脊椎が折れないように
注意して活動しようと思います。汗
 
 
髄膜瘤について詳しい方、
情報提供はコチラまで↓
 
・・・って
 
アメブロのコメント欄か、メッセージ機能しかありませんが・・・(;´Д`)
 
 
娘もマルファンだから、少しでも多くの情報を知りたいです。
 
 
 
まずは、尻もちつかないように気を付けよう。(;´∀`) 引用元のURL: https://ameblo.jp/sa731ay/entry-12317036924.html

+ 続きを読む

ホルター心電図 不整脈と動悸の原因は僧帽弁閉鎖不全?

今日は、娘3歳を引き連れて、
私、あやりんのホルター心電図を装着しに大学病院へ行ってきました。


心電図をつけてもらっている間にも、処置室の中をウロウロ、イタズラする娘。


ためダメダメー!
こらこらこらー!

と言いながら、心電図のシールをペタペタしてもらいました。


五年ほど前に
心臓血管外科で、大動脈瘤と僧帽弁閉鎖不全の手術をしてもらってから、
不整脈や動悸の調子は良くなっていたのですが、ここ1~2年、息切れも目立ってきた事と、診察中に毎回不整脈だったこともあって、今回、10年ぶりにホルター心電図(24時間心電図)を受けることになりました。


心エコーとあわせて、来月結果を聞きに行きます。


どうかなー。


僧帽弁は、形成術にしてもらったので、
耐久は人工弁のようにはないから、多少悪くなっている可能性もありますよね。


でも、形成術にしてもらったおかけで、娘を妊娠出産する事が出来たので、その点は本当に良かったです。


明日は、姉が母と同じ大学病院に入院する予定です。

無事に手術成功しますように!!


みんな元気になりますように!!! 引用元のURL: https://ameblo.jp/sa731ay/entry-12312497257.html

+ 続きを読む

眼科受診、その後・・・3歳児、はじめてのメガネ

こんにちは。
 
 
母の5回目の大動脈瘤手術による合併症は重く、一進一退を繰り返しています。
 
 
 
自分の調子を整えて、家族みんなが健康でいられますように。
 
 
 
 
先日、娘3歳の眼科受診に行ってきました。
 
 
 
裸眼で0.3と0.5
 
 
こども病院の小児眼科のトップの先生による診察でした。
 
 
 
ドキドキ・・・
 
でも、
娘が、診察中、
「お金借りて○○買おうよ~」
 
と、突拍子もない発言に電子カルテを書きながら笑ってくれている様子を見て少し安心しました。
 
 
マルファン症候群は結合組織の脆弱が特徴で、
娘の水晶体もそれにより水晶体が亜脱臼(水晶体偏位)しています。
 
 
眼鏡による矯正をした方がいいとの見解でした。
 
 
手術による治療は、全身麻酔を伴うこと、
また、ピント調節が出来なくなることから、
 
現段階では薦められないと言われました。
 
 
 
自分自身もマルファンで、幼少期より眼鏡をかけていたので
いろんな思いをいた記憶があります。
 
 
娘はどう思うかな。
 
 
先生はこう言いました。
 
 
「寒いと言って風邪をひいている時はあったかくしてやるでしょう。
それと同じですよ。」
 
 
 
環境を整えてあげることが大事だと。
 
 
 
 
それでも、、娘の場合は、近視は進んでいくでしょうと言われました。
 
 
 
メガネが出来上がるのはもうちょっと。
 
 
メガネをかけていてもお友達に自慢するくらいになってくれたらいいな。
 
 
 
ママも家ではメガネだし、
年長さんにはメガネのおにいちゃんもいるから。
 
 
 
旦那のまあちゃんは、眼鏡市場にも眼鏡を見に行ってみよう。
と言っています(*´艸`*)
 
 
メガネに愛着、自信を持ってもらいたい想いは同じです。
 
 
メガネの完成が楽しみです! 引用元のURL: https://ameblo.jp/sa731ay/entry-12308084712.html

+ 続きを読む

マルファンの眼の発達

先日は、娘3歳の眼科受診へ行ってきました。
かかりつけの大学病院です。
 
3か月前に受診したときよりも視力が落ちていたことで、
2週間後に再度受診することになりました。
 
こども病院から大学病院へ出向している小児眼科専門のトップの先生に診てもらう方がいいでしょうとの意見でした。
 
 
眼科の先生って、視力に関してはこちらから聞かないと説明してくれない先生が多いので、視能訓練士さんに詳しい数値は聞いておきました。
 
 
3か月前
右:0.6
左:0.5
 
今回(8月16日)
右:0.5
左:0.3
 
矯正視力
右:0.5
左;0.4
 
(備忘録として)
 
視力に関して、先生の説明では、「前回より視力が落ちているんですよね。」
の説明のみでしたから、視能訓練士さんに聞いておいてよかったです。
 
 
水晶体が下方にずれているようすも写真を見せてくれてよくわかりました。
 
私は3歳の頃から強度の近視で眼鏡をかけ始めていたので、
娘もそろそろかな、と思っていたのですが、
 
いよいよか、という思いです。
 
3歳だと、だいたいは、1.0見えているそうです。
 
視力の発達は7~8歳までで、9歳以降に視力の訓練をしても視力は上がらないと、視能訓練士さんは言っていました。
 
また2週間後、どういう方針になるか、お話を聞けると思います。
 
良い治療に結び付けられますように。 引用元のURL: http://ameblo.jp/sa731ay/entry-12302506847.html

+ 続きを読む

不整脈をスマホで感知?!心臓診断アプリ

こんにちは。


今日は、スマホで不整脈や心拍数を計測出来るというアプリを発見したのでご紹介!


私は、5年前に大動脈瘤と僧帽弁閉鎖不全の手術を受けましたが、妊娠出産希望だったので、人工弁にはしない、自己弁温存の形成術をしてもらいました。

僧帽弁閉鎖不全のため、血液の逆流があるのですが、術後には軽度の逆流に治まっていたのが、最近は中等度の逆流に戻っていました。

近々、循環器受診の時に、心エコーをとるので、逆流の程度もまたわかると思います。

僧帽弁の逆流が影響しているかはわかりませんが、私は心室性期外収縮と、時々心房細動の不整脈があるので、時々動悸を感じてだるーくなることがあります。

でも、傍から見てもそれが伝わらないので、それをアピール出来る手段はないか探していたところ(笑)、

心臓診断というアプリを発見しました!



計測中
「不整脈をスマホで感知?!心臓診断アプリ」の添付画像(1)


計測結果
「不整脈をスマホで感知?!心臓診断アプリ」の添付画像(2)


不整脈の所が abnormal になっています!


これで、動悸中であることを証明できるようになりました!(主に旦那のまあちゃんに。笑)


心室性期外収縮はさほど問題ない不整脈との事ですが、長く続くと疲れるんですよね。

不整脈の不安がある方は、試してみる価値ありだと思います。

アプリの回し者では御座いません。笑


ではでは、台風や熱中症にも気をつけて、今日も1日乗り切りましょう! 引用元のURL: http://ameblo.jp/sa731ay/entry-12299431162.html

+ 続きを読む

回復への希望を持つこと 低酸素脳症

今日は、学生時代の友人が遊びに来てくれました。
 
同じ年の一人娘を持つ母同志でもあります。
 
ママ友が少ない私の家にお友達が遊びに来てくれることはめったにない我が家。
 
娘3歳は前日から楽しみで楽しみで仕方ない様子。
 
なのに、自分のテリトリーだからでしょうか、
我が前面に出てお友達に素直に
 
“どうぞ”
 
がいえなかったり、とにかく思いやりより嫉妬(?)が前面に出る娘。
 
予想通りの展開でしたが・・・"(-""-)"
 
 
それでも、別れ際には、帰っちゃいやだと大泣きしたり・・・
 
 
まだまだ思いやりも理性も成長過程の娘ですが、
たのしい1日となりました。
 
 
 
友人は、私と同じ作業療法士です。
 
私の母の低酸素脳症の話を聞いてくれて、
過去に担当した患者さんで、自動運動の見られなかった脳血管疾で数か月ベッドサイドのリハビリが続いた方が、最終的に歩いて自宅へ退院されたエピソードを聞かせてくれました。
 
その話を旦那のまあちゃんに話したら、
ここぞとばかりに叱られました。
 
 
“そうだよ。
 
家族の目標設定が低かったら、どんなに良くてもそれ以上にはならない。
 
家族の目標設定は高くあるべきだよ”
 
 
励まされました。
 
 
家族があきらめたらそこでストップ。
 
母の生命力を信じよう!
 
あしたは面会に行ってきます。
ベッドの交換の時にベッドの柵に貼ってくれていた娘と母の
ツーショット写真が紛失されてしまったので、
明日は忘れずにもっていかなくちゃ。
 
 
旦那のまあちゃんに確認されました。
 
“なんのために写真を持っていくの?”
 
私が答えたのは3つ。
 
・母に娘を可愛がってくれていたことを思い出してもらうため。
・家族はまだまだ回復を見込んでいると医療従事される方に伝えるため。
・医療従事される方に、病前の母の姿を知ってもらうため。
 
 
そう答えた私に、
“まだあるでしょ”と旦那。
 
 
 
『お母さんに、私たちはまだまだお母さんの回復を信じていると伝えるため』
 
 
そう言ってくれました。
 
 
 
嬉しかったです。
 
 
母はちゃんと聞こえてる。
聴覚は最後まで保たれる感覚。
 
 
 
明日はいっぱい話しかけてこよう! 引用元のURL: http://ameblo.jp/sa731ay/entry-12286697774.html

+ 続きを読む

低酸素脳症 遷延性意識障害 家族ができるこはなんだろう

母の5回目の心臓血管外科手術は胸腹部、と腹部にわたる広範囲にわたる、大動脈瘤手術の中でも最難関と言われるものでした。
 
 
朝一番に手術室へ入って、集中治療室に面会できたのが夜の22時頃だったでしょうか。
 
 
面会と言っても術後で当然まだ覚醒させていない人工呼吸器を装着した状態でした。
 
 
父と姉は毎日のように面会に行き、
母の様子をみてくれました。
 
 
ICUから病棟の個室へ移動して
呼吸状態が悪化して挿管。
 
その後気管切開をしました。
 
呼吸状態が悪化したとき対処できるように。
 
 
気管切開をして人工呼吸器を装着していたのに
母は10分~15分程の低酸素状態に陥り
今、低酸素脳症との診断を下され
意識障害を合併してしましました。
 
 
悔しいです。
術後には苦しいながらも面会に行く父や姉に笑顔も見せてくれてたというのに。
 
 
皮質髄質境界の部分消失。
 
 
遷延性意識障害。
 
 
コミュニケーションをとれるようになることは難しい。
 
そういわれたけれど、
 
少しでも回復を信じたいです。
 
家族にできることってなんだろう?
医師に任せるしかない?
 
 
できることがあるなら
できる限りのことをしたい。
 
 
初孫である娘が生まれてまだ3年。
 
 
ばーちゃんは孫が可愛くてたくさん可愛がってくれました。
 
娘に、ばーちゃんがどんなに可愛いと思ってくれていたかを
知ってほしい。
 
ばーちゃんが“かわいいわね”って声をかけてくれることができなくても、
たくさん愛情を注いでくれたことを知ってほしい。
 
 
おりこうくまたんも、
折り紙も、
たくさんのぬいぐるみたちも、
お手紙も、
手作りのぬいぐるみ用のまくらも、
本物のまくらも、
お洋服も、
お小遣いも、
 
みんなばーちゃんがくれたんだよ。
 
こんど一般病室へ移ったら面会できる。
 
その時、今のばーちゃんをみてどんなリアクションするかな。
 
 
家族にできることはなにがあるかな? 引用元のURL: http://ameblo.jp/sa731ay/entry-12282918931.html

+ 続きを読む

娘3歳の洞察力に感動

娘3歳は、ばーちゃんの心臓血管外科5回目の手術日の朝、
 
手術室へお見送りしてからまだ面会できていません。
 
手術日からもうすぐ4週間。
 
心臓血管外科の大動脈瘤手術の中でも最難関の手術。
 
手術自体はうまくいtきました。
 
術後の容態は深刻で楽観視できるものではなく、
術後の経過、対応、その他あもろもろ思うことが多くて、
気持ちが沈みがちです。
 
そんな状況の中、
 
昨日の夜、娘の寝かしつけの時に、娘が言った言葉に驚きました。
 
 
「ママ、何か思うことがあったら○○(娘の自分の名前)に話してね。」
 
 
その言葉を聞いて私は娘のあたまを撫でました。
 
 
 
 
 
 
すると娘は
「ママ、ばーちゃんかわいそうだよね。
ばーちゃん、ごはん食べられないんでしょ?
ばーちゃんこれからも病院で生活するの?
ばーちゃん、しんでしまうの?」
 
 
 
・・・
 
 
 
 
娘にはばーちゃんの病状は話していないのに。
 
私が父や旦那や姉と話をしている内容を聞いていて
私の気持ちまで察してくれているんですよね。
 
 
 
 
娘がやさしく私のあたまを撫でてくれました。
 
 
 

「娘3歳の洞察力に感動」の添付画像(1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもは3歳児特有の反抗期で
おこりんぼうでワガママばかり言うけど、
 
 
私の気持ちを感じ取って、我慢させていることも多いんだろうなって。
 
 
 
ついこの前まで赤ん坊だったのにね。
 
 
 
 
ありがとう。 引用元のURL: http://ameblo.jp/sa731ay/entry-12281257145.html

+ 続きを読む
123458