再入院 85日目、再々手術決定 - ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録 - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

1年前に更新 / 107件
ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録

「ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録」のカバー画像

再入院 85日目、再々手術決定

いつも私のブログを読んでいただき、本当にありがとうございます。



昨日、造影CT検査がありました。

そして本日、カンファレンスで今後の方針が決まりました。

結論から書きますと、2週間~1か月以内に3回目の手術をすることになりました。



造影CT検査で分かったことは、肺に近すぎて手術できなかった箇所の『肺静脈の狭窄』が悪さをしている、ということです。

前回の手術で手を加えた箇所の狭窄ではありませんでした。

今回の手術は、狭窄部分の血管を広げる手術となります。

(肺に近すぎるからダメなんじゃないかと思ってましたが、なんとかなるっぽいです。)



今回も、前回同様、『人工心肺』を使用する大手術です。

この『人工心肺』は肺にかなり負荷がかかるものらしく、前回のこともあるので心配しています。

※前回の手術の終わり頃、蓄積されたダメージによって肺が持たず、一時瀕死の状態になりました。



一応、先生のお話では「前回の術前よりも肺の調子は良い」とのことなので、多少安心しましたが、やはり心配なものは心配です。

それでも手術はしなければならないので、当日までに少しでも肺の状態が良くなるように、泣かせすぎないように頑張ります。





それ以外の変化について、以下にまとめていきたいと思います。


▼不整脈

落ち着いて来ましたが、再々手術があるのでまた出ると思います。



▼ペースメーカー

電極を抜かないまま、次の手術になりそうです。



▼体重

引き続き、3.9kgあたりをウロウロしています。



▼酸素サポート

ネーザルハイフローに変更となり、そのおかげか調子が良さそうです。

なんにせよ、娘の笑顔が見られるのは幸せです。



▼発育

手術のたびに、全身の筋力が落ちるのですが、ようやく身体のしっかりさが戻ってきたような気がします。

特に顕著なのは「首すわり」で、術後フニャフニャだったのが、今は短時間なら首を保てるところまで戻りました。

手術するとまたフニャフニャになると思うので、なるべく無理をさせない程度に筋トレしたいと思います。



前回からの変化は以上です。

それでは、また変化があれば書きたいと思います!