娘3歳の洞察力に感動 - あやりんのごはんとのほほん日記 - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

2週間前に更新 / 81件
あやりんのごはんとのほほん日記

「あやりんのごはんとのほほん日記」のカバー画像

娘3歳の洞察力に感動

娘3歳は、ばーちゃんの心臓血管外科5回目の手術日の朝、
 
手術室へお見送りしてからまだ面会できていません。
 
手術日からもうすぐ4週間。
 
心臓血管外科の大動脈瘤手術の中でも最難関の手術。
 
手術自体はうまくいtきました。
 
術後の容態は深刻で楽観視できるものではなく、
術後の経過、対応、その他あもろもろ思うことが多くて、
気持ちが沈みがちです。
 
そんな状況の中、
 
昨日の夜、娘の寝かしつけの時に、娘が言った言葉に驚きました。
 
 
「ママ、何か思うことがあったら○○(娘の自分の名前)に話してね。」
 
 
その言葉を聞いて私は娘のあたまを撫でました。
 
 
 
 
 
 
すると娘は
「ママ、ばーちゃんかわいそうだよね。
ばーちゃん、ごはん食べられないんでしょ?
ばーちゃんこれからも病院で生活するの?
ばーちゃん、しんでしまうの?」
 
 
 
・・・
 
 
 
 
娘にはばーちゃんの病状は話していないのに。
 
私が父や旦那や姉と話をしている内容を聞いていて
私の気持ちまで察してくれているんですよね。
 
 
 
 
娘がやさしく私のあたまを撫でてくれました。
 
 
 

「娘3歳の洞察力に感動」の添付画像(1)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつもは3歳児特有の反抗期で
おこりんぼうでワガママばかり言うけど、
 
 
私の気持ちを感じ取って、我慢させていることも多いんだろうなって。
 
 
 
ついこの前まで赤ん坊だったのにね。
 
 
 
 
ありがとう。 引用元のURL: http://ameblo.jp/sa731ay/entry-12281257145.html