ハイケア病棟への移動と退院準備 - ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録 - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

6日前に更新 / 98件
ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録

「ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録」のカバー画像

ハイケア病棟への移動と退院準備

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。



実は、1週間ほど前にICUを卒業し、ハイケア病棟に移動しました!

そして、「来週くらいに退院できそう」という今のところの見込みです。



と言っても、

「ものすごいスピードで順調に回復している」

というわけではありません。

順調ではありますが。



まず、ICU卒業の件について。

ハイケア病棟が満床ぎみだったことと、胃腸の調子が芳しくないことなどが重なり、ICUの滞在期間が延びました。

ICUの方が(体制上どうしても)手厚いので、これはラッキーだったと思います!

ただ、後半は端の方の個室だったので、人気のない時間が増えて寂しかったかもしれません。



次に、退院の予定について。

相変わらず胃腸の調子はまだ十分ではないのですが、「看護師がいなくてもOK」な状態になりつつあるので「退院」の予定が立ちました。

ICUの滞在期間が延びた分、ハイケア病棟の滞在期間が短くなった感じです。

状況を一つずつ書いていきたいと思います。





▼酸素サポート

前回と同じく、鼻カニューラ(100%、0.5L)のままです。



▼点滴

抗生剤用のルートが1つ残っていますが、あと数日で外れるようです。

ステントが入っている人は、しっかり菌を取り除くため、抗生剤の投与期間が長くなるそうです。



▼胃腸の調子

あれから吐いたりはしていません。

現在は、50ml × 7回/日 = 350ml/日のミルク(濃度118%)を、鼻チューブから1回あたり1.5時間をかけて注入しています。

数日前まではポンプで少しずつ押し出していましたが、問題なさそうなので、自然滴下(をチューブの圧迫で流量調整)方式に変わりました。


1.5時間と超スローペースなのは、胃腸の調子がまだまだ十分ではないためです。

鎮静期間が長く、ずっと眠っていたので、本調子になるまで時間がかかりそうです。



▼退院の準備

鼻チューブ付での退院なので、夫婦そろってトレーニングをしています。

1週間に1度のチューブの交換、薬とミルクの注入、胃残の確認などなど、、、


一度だけ鼻チューブの交換の練習をしましたが、泣いているところにスローペースでやったせいで、顔色が悪くなってました。

「ごめんごめん」と言いながら急ぎ、でもミスしてはいけないし、、、。

イメトレして、次はスムーズにこなせるように頑張ります!


これまで看護師さんがやっているのを眺めてきましたが、いざ自分でやるとテンパりますね。

サラッとこなしているように見えるのは、修練の賜物なんですね。



▼発達

首がだいぶ座ってきて、首から手を外しても大丈夫になってきました。

ずっとやっていると疲れてアウアウ言い始めるので、そこからは休ませてあげています。


また、数日前からだんだんと声を出すようになってきました。

まだ「アッ」とかですが、これまでサイレントな子だったので、嬉しいです。


手を眺めたり、握力が上がって、物を掴むのが上達してきました。

ようやく3~4ヶ月の発達度合といったところでしょうか。

引き続き、焦らず、コミュニケーションを楽しむ感じで、発達を促していこうと思います。



それでは、また何かあれば書きたいと思います!