はじめまして - フェニックスの日記 - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

3ヶ月前に更新 / 68件
フェニックスの日記

「フェニックスの日記」のカバー画像

はじめまして

はじめまして。
フェニックスと申します。もちろんペンネームです…笑。


簡単に自己紹介です。

1976年、東京生まれ。
生まれつき、先天性心臓病で、両大血管右室起始・肺動脈狭窄・大血管転位という診断名がつきました。

1歳半でブレロック-タウジッヒ シャント手術。姑息手術なのでチアノーゼは残り、幼児から中学生までは運動制限もありました。

13歳(中学2年)でフォンタン手術。これは、APC法(心房・肺動脈連結法、Atriopulmonary connection)と呼ばれる術式で、「全身→右心房→肺→左心房→左心室→全身」の血液循環となりました。

22歳で、発作性上室性頻拍(PSVT)や心房粗細動(AF,af)になってしまいました。翌年、カテーテル・アブレーション。その後、洞機能不全でペースメーカーを埋め込んだり、タンパク漏出性胃腸症になって回復したり、いろいろありました。

そして、40歳で再度フォンタン手術。今回は、TCPC法(大静脈・肺動脈連結法(Total cavopulmonary connection)と呼ばれる術式で、「全身→肺→左心房→左心室→全身」の血液循環になりました。

仕事は、教育関係の会社で主に管理会計の業務をしています。


「はじめまして」のブログで、医学的な用語が多くてすみません。

近年、成人した先天性心疾患者が、子どもの先天性心疾患児より多くなったらしいです。そのこともあり、現在の成人した先天性心疾患の皆さん、先天性心疾患の赤ちゃんやお子さん、その保護者の方に、少しでも参考になればと思い、ブログを開設しました。

ただし、このブログに書くことは、フェニックスの個人的な経験ばかりです。医学の発展や患者の病気や個人差によって、大きく変わることはたくさんあると思います。その点は、悪しからずご理解お願いします。

少しずつになるかもしれませんが、ブログを更新していきたいと思います。

それでは、また。 引用元のURL: http://ameblo.jp/fenix1976/entry-12153477880.html