リハビリ室でのリハビリから退院まで(続き2) - フェニックスの日記 - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

5ヶ月前に更新 / 68件
フェニックスの日記

「フェニックスの日記」のカバー画像

リハビリ室でのリハビリから退院まで(続き2)

どうも、フェニックスです。

回復・リハビリのフェーズ4でのリハビリは、ちょっとしたものを持つことができませんでした。
たとえば食器の下膳ですが、朝食の食器を、部屋か配食ワゴンへの数メートルを運ぶだけで、息が切れて苦しくなってしまいまいた。

朝食の食器は、次第に下膳できるようになりましたが、昼食や夕食の食器はさらにお皿の数も多いために、看護助手の方や家族に片付けてもらいました。(S病院では、基本的には食事の配食も下膳も、スタッフの方がやってくれます)

〔写真〕朝食の食器。これが、なかなか持てませんでした。
「リハビリ室でのリハビリから退院まで(続き2)」の添付画像(1)

また、手術の際に胸も骨も切り、骨が付くまでには3ヶ月かかることから、無理して重いものを持たないように、理学療法士の方からアドバイスをいただきました。腕のリハビリは、手術後3ヶ月後から、腕を回したり、ペットボトルに水を入れて持ち上げたりすることを始めるのが良いそうです。


リハビリの難関は、階段でした。
以前お話ししたMETs(酸素摂取量)だと、
・階段を下る: 3~5METs
・階段をゆっくり上る: 5~7METs
・階段を上る: 7~9METs
だそうです。
心臓にとっては、階段の上りは結構な負荷になるらしいです。

リハビリでは、まずは階段を18段下り、少し呼吸を整えて、18段上りました。病院の階段は9段ごとに踊り場があったので、上りは9段上がっては休んで、また次に進みます。
「リハビリ室でのリハビリから退院まで(続き2)」の添付画像(2)

階段リハビリの初日は、結構辛かったです。
心臓もいっぱいいっぱいでで、息切れしましたし、足の筋力の衰えも感じました。入院前にあった足の筋力の貯金も、数週間の病院生活では使い果たしてしまった感じです。


さて、次回は退院に向けての準備について書きたいと思います。

それでは、また。 引用元のURL: http://ameblo.jp/fenix1976/entry-12155402300.html