できることは自分でやる教育(小学生の頃) - フェニックスの日記 - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

7ヶ月前に更新 / 68件
フェニックスの日記

「フェニックスの日記」のカバー画像

できることは自分でやる教育(小学生の頃)

どうも、フェニックスです。
前回に続き、昔の話です。

フェニックスの親は、心臓が悪いためにできないことは無理をさせない反面、できることは極力自分でやるという教育方針でした。そして、そのために親も大きなサポートをしてくれました。

たとえば、小学生の時の遠足には、父が仕事を休んでついてきてくれました。小学生高学年の時には、近くの渓谷のハイキングコースを歩く遠足があったのですが、歩けるところは自分で歩き、疲れると残りの道は父がおんぶしてくれました。

後から聞いた話では、両親ともに、「無理をさせていないか。もしくは、本当はもっとできることを止めていないか」という振り返りの繰り返しだったとのことです。

当時は厳しく感じることもありましたが、両親の教育のおかげで今は自立して生活できているので、感謝しています。

それでは、また。 引用元のURL: http://ameblo.jp/fenix1976/entry-12162186434.html