症状と手術内容(回想) - ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録 - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

5日前に更新 / 100件
ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録

「ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録」のカバー画像

症状と手術内容(回想)

(この記事は、2016年6月、妻の手記を参考に、頑張って思い出しながら書いたものです。)


あらすじ的なものをまとめていたのですが、術前の症状や手術内容の説明が抜けていたので、改めて書きたいと思います。


▼症状
転院先の病院で改めてCTスキャン検査をしてもらい、以下の内容が新たに分かりました。

[1]
左肺静脈は、(左肺低形成に伴って)2本とも細い

[2]
左肺静脈は左心房の端(右心房との境界付近)につながっているが、入口が狭く、左肺の肺高血圧に影響している

[3]
上大静脈と右心房の接続部分の近くで、血流を阻害するように血管内に膜が成長しており、この膜の前後で血圧差が発生している

[4]
右肺静脈が上大静脈に繋がっているため、前述の「膜」のせいで流れが悪くなり、右肺もやや肺高血圧になっている

[5]
右肺から3本目のとても細い肺静脈が出ており、これは正常に左心房につながっている


以上なのですが、イレギュラーが多く、書いている私も混乱ぎみです。。。



▼手術内容
次に手術の内容についてまとめていきます。
大きく3つの工程があります。

[1]
左肺静脈から左心房につながっている部分の入口が狭いので、それを広げ、左肺の肺高血圧を緩和


[2]
上大静脈と右心房の接続部分の近くで、血流を阻害するように血管内に成長している膜を除去し、膜の前後の血圧差を解消
※右肺静脈は上大静脈に繋がっており、前述の「膜」のせいで流れが悪くなり、右肺もやや肺高血圧なので、これも緩和


[3]
以下の2つを実施し、右肺静脈の血液がすべて左心房に還す

[3-1]
上大静脈から右心房に還ってきた血液を、心房中隔欠損の穴を通して左心房にすべて流す
※右心房内に、心膜を使った『壁』を作る

[3-2]
([3-1]のままだと、右心房に血液がまったく還ってこないので、)上大静脈を途中で切断し、右心房へつなぎ、身体からの血液をすべて右心房に還す
※もう一方の切断面は閉じる



特に[3]がややこしいのですが、、、。
まず一番わかりやすいのは、上大静脈に間違ってつながった右肺静脈を切って、そのまま左心房につなぐ方法です。
そして、心房中隔欠損をふさげば、身体からの血液はすべて右心房に流れ、右肺静脈の血液もすべて左心房に流れます。

何故この方法にしなかったのか、詳細は分かりません。
「人工血管を使うことを避けた」
ということくらいしか想像がつかないのですが、おそらく他にもメリットがあって選択されたのだと思います。



このあたりはややこしいので、説明を受けた際にいただいた紙を掲載して、もう少し整理したいと思います。
ちょっと先になってしまいそうですが(汗)