瞳孔不同?ホルネル症候群? - ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録 - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

5日前に更新 / 100件
ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録

「ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録」のカバー画像

瞳孔不同?ホルネル症候群?

先日、少し書いたのですが、娘の瞳孔の大きさは左右差があります。
同じくらいの時もあれば、0.5~1.5mmくらい違うときもあるように見えます。

こういった症状を『瞳孔不同(どうこうふどう)』というそうです。


----------------------------------------------------------------------
瞳孔不同(どうこうふどう)とは、左右で瞳孔の大きさが違う状態(差が0.5mm以上)のことである。
瞳孔径の左右差が1mm以上の場合は病的と診断され、ホルネル症候群、アディー瞳孔、脳神経麻痺、虹彩炎、緑内障などが原因として考えられる。
----------------------------------------------------------------------
(引用元:『ナースpedia』 https://www.kango-roo.com/word/4830



脳神経麻痺という単語もあり、心配なので主治医に相談したところ、

「脳神経科と相談してみます。」

という回答をいただいたのが先日でした。



そして昨日、ふらっと(しているように見えただけなのですが、)脳神経科の先生がいらっしゃって、診てくださいました。

結果はというと、、、

「対光反射もある(している)」

「なので、動眼神経にかかわる病気ではなさそう」

「あるとしたら、ホルネル症候群」

「左右差がほとんど無いタイミングもある」

「持ち帰って、他の先生と相談してみます」

とのことでした。



「ホルネル症候群?」と思って調べてみると、↓こういった内容でした。

----------------------------------------------------------------------
ホルネル症候群(ほるねるしょうこうぐん)とは、眼とその周辺の交感神経がマヒする病気である。大半は片方の眼だけが罹患する。
瞳孔の収縮・眼球のくぼみ・顔面の無発汗が主な症状。
中枢神経、節前神経、節後神経いずれにも起因しうるが、原発性のこともあれば、他の疾患に併発する場合もある。
----------------------------------------------------------------------
(引用元:『ナースpedia』 https://www.kango-roo.com/word/5916


今のところ、目の周辺で麻痺のような症状は確認できないのですが、、、『顔面の発汗』もあるし、、、。

神経系の他の疾患が原因の場合があるということで、引き続き注意していこうと思います。
なんでもなければ良いのだけど。



ちなみに、、、先生がいらしたのはミルクの直前でめちゃくちゃ機嫌が悪かったです。
怒って目をぎゅーっとつぶるし、、、暴れるし、、、瞳孔を見ようと思っても見てくれない(泣)

ちょうど母乳を入れた哺乳瓶が手元にあったので、飲ませながら診察することに。
そしたら、ペンライトで目を照らしても、目を指でガッと開けても、大人しくしてました。

食い意地が、、、。