闘う相手が不整脈からMRSAに代わりました - ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録 - 『闘病ログ』 ~ 病気に関するブログ集めました ~

10ヶ月前に更新 / 107件
ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録

「ガー子ちゃんの心肺疾患治療記録」のカバー画像

闘う相手が不整脈からMRSAに代わりました

こんにちは、ガーパパです!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。



ガー子ちゃんがRSウイルスで入院してから、1ヶ月が経ちました。

不整脈も落ち着き「そろそろ退院できるかな?」と話していたのですが、なんと今度はMRSAに感染してしまいました(泣)

前回から今日までの変化についてまとめていきたいと思います。





▼不整脈

期外収縮がしばらく残っていましたが、徐々に少なくなっていき、最近ではほとんどみられなくなりました。

脈がゆっくりになっても不整脈が出ないので、ほぼほぼ落ち着いたのではないかと。



▼MRSA感染症

どうも高熱が続くと思っていたら、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)感染症であることが分かりました。


(RSウイルスと同じく)健康な人であれば症状も出ないような菌ですが、高齢者や病児だと重症化する可能性があります。

敗血症・心内膜炎・骨髄炎・髄膜炎などにつながる可能性があり、気持ち的に落ち着かない日々が続いています。


このMRSA、下の子も産まれたばかりのときに感染しましたが、何の問題もありませんでした。

、、、ガー子ちゃん、生まれたばかりの子より弱いのか(涙)



▼MRSA感染症の治療期間

治療には1~2ヶ月が必要とのことです。

長期間になるので、家族内では「適度に力を抜いていこう」と話しています。


この調子でいくと、今年は1年の半分以上を病院で過ごすことになりそうです。



▼本人の体調

熱が出たり引いたりを繰り返しています。

機嫌が悪いことが多く、ウトウトする薬(=プレセデックス)を使っていますが、それでもよく怒ります。

まだまだ身体がツラいのかもしれません。

少しずつ軽快していくとは思うので、お世話をしっかりしていきたいと思います。





▼まとめ(というかあとがき)

先日、私の姉兄の家族が揃うということで、下の子を連れて舞浜&TDLに行ってきました!

これからの長い面会生活に向けて『息抜き』ができました。

「ガー子ちゃんが入院中なのに、、、」とも思いましたが、日頃余裕のない生活をしているので、必要な休息だったと思っています。


ゆくゆくは家族4人で、、、いや4人だと正直キツいので祖母にも同伴してもらって、また行ければと思います。



本日も、読んでいただきましてありがとうございましたm(_ _)m